09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

勝手気ままな長男坊の一口馬主生活

東京サラブレッドクラブでの一口馬主の愛馬を紹介。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

レッドセシリア引退。 

OPになったばかりで、ターコイズSも見せ場たっぷりの4着と好走した

レッドセシリア(牝5 父ハーツクライ 母;サセッティ 鹿戸雄厩舎)

レッドセシリア‗ユートピアS


が右前膝剥離骨折で引退です。前々走でようやく1600万を脱出しこれからというときに非常に残念です。

お疲れさま。そしてありがとうセシリア。


2015.12.21

(引退)
トレセン帰厩後に脚元のチェックと合わせレントゲン検査をおこなったところ、右前膝に剥離骨折が確認されました。獣医師より6ヶ月との診断を受け、本馬の今後につきまして関係者間で協議をおこないました結果、残念ではございますが引退の結論に至りました。出資会員の皆様には、追って書面にて詳細をご報告いたします。長い間、レッドセシリア号にご声援いただき、ありがとうございました。
※12月25日(金)に骨片の除去手術を行う予定です。

鹿戸調教師「前走でも力を示してくれて、また重賞タイトルを狙いにいきたいと思わせる走りを見せてくれた矢先のアクシデント。以前の古傷とほぼ同じ箇所ですし、6ヶ月という診断からもここで引退という形がベストだろうという判断です。お母さんとしての大事な仕事も控えていますし、本当に残念ですが、いまは大きな事故にならなかったことを幸運だと思うようにしています」


2015.12.19

12月19日レース後コメント(4着)
三浦騎手「今日は返し馬の時から歩様が硬いなと感じたのもあって、レースに行ってからも前半は少し大丈夫かな?と思うほど脚運びは気になりました。それでも馬自身は走る方に気持ちが向いてくれていましたし、ポジションも良いところを取れたと思います。ただ、もう少しペースが流れて欲しかったですね。自分から動いていくタイプではないので、その辺りの展開も味方に付けないといけませんが、最後はグイグイと伸びてくれたように本当に良い脚を使えているだけに、勿体ないレースになってしまったように思います。ですが、やはり重賞のここでセシリアの力が高いことを証明することができましたし、展開次第では十分にチャンスはあるはずです。2走前に中山2000mを使ったことで、前走もそうですが立ち回りが上手くなったように感じますし、今回にも繋がっている印象です。まだまだ成長していますね」

鹿戸調教師「今日は展開に恵まれませんでしたね。スローペースな割には上がりもそれなりに掛かっているので、良い位置にはいたのですが、展開が向かなかったです。それでも流れが向かなくても最後まで脚を使って上位に食い込んできてくれたのは、セシリアの能力ですし力を付けている証拠だと思います。レース後は上がりの歩様に硬さが見られましたので、厩舎に戻ってから入念にチェックする予定です」


2015.12.17

(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので、いつもなら翌日は北馬場で乗り運動をするのですが、この中間は腹帯で乳房が擦れてしまった事もあり、その点も考慮して今日は曳き運動のみにしておきました。追い切ったわりには運動中もテンションが高くなる感じはなかったですし、歩様もこの馬なりに良いと思います。コンディションは良好なので、しっかり走ってくれればチャンスはあると思っています。頑張って欲しいですね」



2015.12.16

(鹿戸厩舎)
ダートコース半周後、ウッドコースにて単走で追い切り。
12/16(水) ウッド 53.7-38.7-12.7 馬なり
三浦騎手「今日は追い切りに乗せてもらいました。無理しない範囲でしたが、動きにはいつも通り素軽さがありましたし、手前をコロコロ替えてはいたものの、今日くらいのペースだと走り足りないのか、良い手応えで走っていますね。前走後も調子落ちしている感じはしませんし、この馬は冬場の方がしっかり走れる馬だと思っています。今回は一段と相手は強くなりますが、チャンスは十分にあるので、良い結果が出せるように頑張りたいです」
鹿戸調教師「使って来ている馬なので、今日は息を整える程度に追い切りました。動きはしっかりしていましたし、テンションも高くならず、良い雰囲気を保ってくれていますよ。先週は腹帯が擦れて気にしていましたが、それも落ち着いていて、走りに影響はありませんね。上位馬が1頭回避したようなので、これで予定通り中山で使える事になりました」



2015.12.10

(鹿戸厩舎)
曳き運動。
鹿戸調教師「乳房の部分に腹帯が当たり、少し擦れて気にしている様子なので、稽古でも追い切った後はすぐに腹帯を外して、擦れないようにしています。今日は曳き運動だけにしましたが、歩様は問題なく、飼葉もしっかり食べているので、追い切った後も問題ないですね。明日は乗って行く予定ですが、腹帯が擦れないように気を付けながら進めて行って、来週良い形で出走させたいと思います」



2015.12.09

(鹿戸厩舎)
乗り運動後、ウッドコースで追い切り。
12/9(水) ウッド 56.2-40.7-12.8 馬なり
鹿戸調教師「併せると動きすぎて時計が速くなってしまうので、今日は単走にてこの馬なりの稽古をしました。時計は半マイルからですが、道中もスムーズに走っていましたし、終いはしっかり伸びていたので、1週前の追い切りとしては良かったと思います。来週の競馬を予定していて、今のところ出走できるか微妙なところのようですが、仕上げはしっかり行いたいと思います」
助手「今日はこの馬なりに走らせて、終いを伸ばす感じで乗りました。歩様にも気になるところはなく、良い感じで走れていましたよ」



2015.12.03

(鹿戸厩舎)
北の角馬場で運動。
鹿戸調教師「今日は朝一番の組で、北の角馬場でダクだけ踏んで様子を見ています。次のレースまであまり間隔がないこともあり、今週は楽をさせているので、少し硬さはあるものの馬自身は元気ですよ。ターコイズSの2週前想定を見たところ、出られるかギリギリのラインなので、念のため同日の阪神11R・リゲルS(芝1600m)にも特別登録を行います。中山で使えない場合はこちらを使う予定で、その際の鞍上は四位騎手にお願いしています」


2015.12.02

(鹿戸厩舎)
ダートコース半周後、坂路1本。
12/2(水) 坂路 64.4-47.9-32.1-16.1 馬なり
助手「今日はダートコースで運動してから、坂路にて縦列を組んだ状態で1本乗って調整しています。坂路に行くまでの歩様は良かったのですが、坂路では若干フットワークに硬さが見られましたね。それでも気持ちはしっかりあるので、手応え良く進んで行きますし、今日は追い切りではなかったのですが、動きそのものは変わらず良かったと思います。冬場という事もあり、いつもより硬さが目立つので、この後も入念にケアしながら進めて行きたいと思います」



2015.11.26

(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
厩務員「昨日に引き続き、厩舎周りを曳き運動で調整しています。だいぶリラックスできていて、昨日は運動中にチャカつくところがありましたが、今日は落ち着きがありましたし、疲れているような素振りも見せていません。脚元は問題なさそうですし、飼葉もこの馬なりに食べてくれているので、状態は変わらず良好ですね」



2015.11.25

(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
鹿戸調教師「使った後なので、今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。さすがにまだ気が入っている様子で、運動中は終始チャカチャカしていましたが、出掛けの歩様に少し硬い感じはあったものの、そこまで気にはなりませんでした。レースでは本当によく頑張ってくれましたね。この後は12/19(土)の中山11R・ターコイズS(新設重賞・芝1600m)を三浦騎手で使う予定なので、このまま厩舎に置いて進めて行きます」



2015.11.22

11月22日レース後コメント(1着)
三浦騎手「前走は中1週だったので多少の硬さはありましたが、今日は間隔もあいていたので、返し馬から良いフットワークで走れていましたね。そこまでポジションこだわってはいなかったので、後ろになり過ぎないようにだけ気を付けていきました。調子の良さを感じていたとおり道中から手応えは抜群でしたし、リラックスして走れていましたよ。それでも早く仕掛けることはせずに、直線の半ばでは追い出しを我慢しました。あとは進路が開くかどうかでしたが、タイミング良く1頭分のスペースが開きましたし、前回の中山で内からスルスルと縫う様な競馬を経験したことで、今回は躊躇せずに自分からスペースに入って行けました。坂を上がってからも更に伸びてくれましたし、最後は詰め寄られましたが、もう一伸びしてくれました。小さい馬ですが、本当に頑張ってくれました。2歳の頃から能力が高いと思っていた馬でしたが、結果を出せずにセシリアに乗れない時もあって悔しさも感じていました。そんなたくさんの思いがありましたので、今日の勝利はメチャクチャ嬉しいですし、セシリアがオープン馬になれたことが一番ですね。今日は本当にありがとうございました」

鹿戸調教師「牝馬限定戦ですし、結果が出ている府中のマイル戦。何としてでも勝たせてあげたかっですからね。セシリアのことを熟知している三浦騎手が上手くエスコートしてくれました。ここまで時間は掛かってしまいましたが、やっとオープン馬にしてあげることができてホッとしています。この後は状態を確認しながらにはなりますが、ターコイズS(12月19日・中山芝1600牝馬限定)を三浦騎手で使う予定でいますよ」

スポンサーサイト

Category: 【10】レッドセシリア☆☆★★

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   

レッドグランザ 引退 (T_T) 

レッドグランザ(牡6 父キングカメハメハ 母;リュウオーレディ 昆厩舎)

レッドグランザ 大沼S


残念ながら、屈腱炎再発で、引退です。今思えば、絶好調時にマーチSが除外になったのが全てを狂わたような気がします。

お疲れ様でした。



2015.08.10

(引退)
週末、患部のエコー検査を行ったところ、30%以上の損傷が確認され、獣医師より、競走馬として再起を図るのは難しいとの診断がなされました。残念ではございますが、ここで引退の運びとなります。出資会員様へは追って書面にてご報告させていただきます。長い間、レッドグランザ号へのご声援、ありがとうございました。


2015.08.07

(ファンタストクラブ)
舎飼休養。
担当スタッフ「この中間左前に腫れを生じたため、獣医師に診てもらったところ、前回の屈腱炎の再発とのことでした。まだ全てを出し切ったわけではないので何とか復帰させたいところですが、再発となると厳しいかもしれません。今はより詳しい検査に備えて舎飼で休ませています。詳細が分かり次第ご連絡致します」



2015.07.31

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「笹鍼でリフレッシュを図れたことで、徐々に覇気が戻ってきたように思います。現在はコースと坂路を併用して、坂路は週2回入れています。まだペースは17-17ぐらいですからごく軽めですが、気分良さそうに駆けています。戻った時の疲労がピークだったようで、そこからうまく立ち上げができたと思いますので、ここからは徐々にペースを上げていきたいです。脚元に関しては不安は見せていません」

Category: 【09】レッドグランザ☆☆★★

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   

レッドセシリア マーメイドSに格上挑戦。 

今週出走を予定している

レッドセシリア(父:ハーツクライ 母;サセッティ 鹿戸雄厩舎)

レッドセシリア_湘南S15


3着した阪神JF以来の阪神コース&重賞挑戦です。

前走大敗した割にハンデ52kgとみこまれましたが、過去のマーメイドSは53kg以下の軽ハンデ馬が走る傾向に有り、しかも前走1600万でのレース敗退はもっと好条件。阪神内回りですが、差し馬が届く傾向に有りチャンス。藤田Jを鞍上にゴール前強襲を狙います。


2015.06.11

(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
鹿戸調教師「いつもなら追い切りの翌日は北馬場で軽く乗って調整しますが、今回は阪神までの輸送もあるので、今日は曳き運動で状態を確認しました。歩様にも硬さは見られなかったですし、飼葉もこの馬なりに食べてくれているので、追い切った後も問題ないですね。輸送もありますし、前走から馬体重は減ってしまうとは思いますが、仕上がりそのものは良好です。格上挑戦になりますが、牝馬同士ならチャンスはあると思っているので頑張ってほしいですね」



2015.06.10

(鹿戸厩舎)
ダートコース半周後、ウッドコースで追い切り。
6/10(水) ウッド ※モヤのため計時不能
鹿戸調教師「今日はダートコースで体をほぐしてから、ウッドコースで追い切りました。ダートコースで軽めに乗っている時は相変わらず歩様はコトコトしていましたが、いつもの事なので問題ありません。追い切りは追走する形でしたが、下ろしがけから楽な手応えでしっかり相手の動きを見られましたし、スピードが上がる所でもスムーズに動けていましたね。上がってからも息が戻るのに時間は掛かりませんでしたし、態勢は整いました。予定通り今週日曜の阪神11R・マーメイドS(芝2000m)に藤田騎手で出走します」

Category: 【10】レッドセシリア☆☆★★

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   

レッドキングダム引退。 

屈腱炎の診断をうけて進退を協議されていた

レッドキングダム(牡6 父:ディープインパクト 母:プラウドビューティー 松永幹厩舎)

レッドキングダム_ペガサスJS


が、残念ながら引退し、鹿児島県霧島市の霧島高原乗馬クラブで乗馬になる予定。

500万下であくせくしていた愛馬が、障害で新境地を見出し、GⅠのタイトルまで取ってしまう正にシンデレラストーリーを絵に描いたような馬でした。障害競走の危険性も判りましたし、イロイロ勉強させてくれることが多かったです。


15.04.30

(引退)
この中間も水冷で患部の鎮静化に努めてきましたが、相変わらず両 前に腫れと熱感が残っています。その後も定期的に検査を行いましたが、部位的にエコーに映りにくい箇所で正確な損傷率は出ていないのです が、獣医の診断では左前に関しては30パー セント以上の損傷ではないかとのこと、また右前に関しても屈腱炎を発症している可能性が高いとの見解でした。治療には最低でも一年以上を 要する見込みで、例え治癒しても休養前以上のパフォーマンスを出すことは難しい上に、衝撃の強い障害レースでは再発は免れないであろうと いう見解も出されています。まだ馬も若くこれからという時だけに、時間をかけて協議させていただきましたが、諸々を考慮した上で引退とい う結論に至りました。出資会員様へは改めて書面にてご連絡させていただきます。長い間、レッドキングダム号にご声援いただき、ありがとう ございました。



26戦5勝(内GⅠ1勝)お疲れ様でした。。。



Category: 【09】レッドキングダム☆☆☆☆★★

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   

レッドキングダム 浅屈腱炎 発症。 

中山グランドジャンプを故障で7着に敗退した

レッドキングダム(牡6 父:ディープインパクト 母:プラウドビューティー 松永幹厩舎)

レッドキングダム 2014中山大障害


浅屈腱炎を発症してしまいました(T_T)。屈腱炎となるとリハビリから復帰まで約2年かかります。


2015.04.23

(松永厩舎)
舎飼。
松永幹調教師「引き続き舎飼いで水冷を行いながら様子を見ています。だいぶ痛みは引いてきているようですが、今週一杯は厩舎に置いて様子を見させてもらって、来週中に島上牧場へ移動させる予定です」
※今後の進退については協議中ですので、結論が出ましたらご報告させていただきます。


2015.04.22

(松永厩舎)
松永調教師「本日、診療所にてエコー検査をおこなったところ、左前脚に屈腱炎を発症していると診断されました。左前はもちろんですが、右前にも腫れと熱感がありますので、しばらく厩舎に置いて冷却等のケアを続けていきます。まだ6歳ですし、もっと強くなるのではと期待させてくれる馬。厩舎を引っ張ってくれていた存在ですから、少しでも軽度のトラブルであって欲しいと願っていたのですが・・・。今後についてはオーナーサイドと相談して決めたいと思います」


2015.04.19

(松永幹厩舎)
松永調教師「今朝、開業獣医に診てもらいました。昨日は痛みがある様子で馬自身も気にしていましたが、今朝も両前に腫れと熱感はあるものの痛みはだいぶ和らいでいるようで、歩様も良くなっていました。右前はそれほど痛みが強くない様子で、どこかにぶつけるなどして腫れなどの症状が出たのではとのことでした。水曜日に診療所での検査を受けることになりましたので、まずは検査結果を待つという形になるかと思います」





現在クラブサイドと協議中とのことですが、出走数も少なくフレッシュですから、復帰を目指して欲しいです。

Category: 【09】レッドキングダム☆☆☆☆★★

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。