08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

勝手気ままな長男坊の一口馬主生活

東京サラブレッドクラブでの一口馬主の愛馬を紹介。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

レッドバルトーク スーパー未勝利で4着敗退。 

函館での顎の骨折開けのスーパー未勝利をつかった

レッドバルトーク(牡3 父:ジャングルポケット 母:フサイチミニオン 大竹厩舎)

は4着に敗退。さすがに甘くないといったところでしょうか?

第3場の500万下を使うか、地方出戻りを狙うかの選択だそうです。

ダートは合わないと思うので、このまま続戦を願いたいところですが、オーナー側の判断を待ちたいです。

16.09.18

9月18日レース後コメント(4着)
丸田騎手「久々の分なのか上ずりながら走っていて、後ろからのポジションになってしまいましたし、向こう正面でペースが落ち着いた時に馬群がぎゅっと詰まって行くスペースがなくなってしまいました。3コーナーからはスムーズに上がっていけて、直線もこの馬なりにジリジリ伸びてくれましたが、態勢が決してしまっていましたからね。向こう正面で早めに外を通って上がっていったほうがよかったかもしれません。なんとか結果を出したかったのですが、すみません。洋芝より今日の方が走りやすそうな感じはしました。勝てませんでしたが、ポテンシャル的には500万下を使ってみても面白いと思います」

大竹調教師「ここを目標にしてきただけに、勝たせることができずとても残念です。この後は厩舎に帰ってからの様子を見てからになりますが、この馬の能力を評価していますので、地方出戻りを狙うか、障害練習を試しながら新潟か福島開催の500万下格上挑戦を狙っていくなど色々な可能性を考えていきたいと思います」

スポンサーサイト

Category: 【13】レッドバルトーク(フサイチミニオン13)

tb 0 : cm 0   

レッドルドラ思うように調教進まず。 

社台Fで調教中の

レッドルドラ(牡2 父:ビクトワールピサ 母:フリーオット 大久保龍厩舎)

レッドルドラ_8月末

写真でもくっきりわかるぐらいの骨瘤ができてますね。なかなか思うように調教が進まないようです。

でも元々は早い組で順調に仕上げられていた馬。軌道に乗ると早いと思います。


2016.09.15

(社台ファーム)
トレッドミルと直線走路(F18秒)。馬体重540キロ。
担当スタッフ「骨瘤は治療の甲斐もあってだいぶ治まってきたので、少しずつ調教量を増やしているところです。トレッドミル調整を経て今週から直線走路にも入れており、これからまた徐々にペースを上げていきます。体はやや立派になっていますが、やり出せばすぐに締まってくるでしょう。引き続き脚元はケアしながら進めていきます」



2016.08.31

(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重530キロ。
担当スタッフ「引き続き骨瘤の治療を優先して現在はマシン運動にとどめています。肌艶もよく雄大でいかにも見栄えのする馬体。ここでの足踏みは残念ですが仕方ありません。太りやすいタイプのようなので、馬体が緩まないようにしっかり運動させていきます。投薬治療も併用して、骨瘤が治まり次第、キャンターを再開します」



2016.08.15

(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩4000m、ダク1200m、キャンター2400m。馬体重522キロ。
担当スタッフ「ソエが治まって15-15をはじめましたが、再び骨瘤を発症したため治療を優先しています。しばらくは軽めの運動のみに控えレーザーで治療していきます。軌道に乗ってからは、無駄肉が落ち、見栄えもグッと良くなってきたところなので残念。見た目とは裏腹にまだ弱いところが残っているのかもしれませんね。稽古で動く感触は掴んでいるので、ここは慎重に進めていきます」

Category: 【14】レッドルドラ(フローリオット14)

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。