07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

勝手気ままな長男坊の一口馬主生活

東京サラブレッドクラブでの一口馬主の愛馬を紹介。

 

キャロット追加出資【アルドワーズ】 

動画の動きがよくて(販路をまっすぐ駆け上がっていた)、気にしていたアルドワーズ(ラフィントレイル08)に残口警報。たまらず追加出資。この流れはよくありません。

アルドワーズ6月


アルドワーズ(父;サクラバクシンオー 母父:エルコンドルパサー 栗・村山厩舎(明)厩舎)


社台F生産馬

母父エルコンドルパサーは実績はよくありませんが、サクラバクシンオー産駒が活躍する共通要素であるナスルーラ・ブランドフォード(スインフォード)のクロスを抑えており、血統上活躍する要素は備えていると思います。祖母のファビュラスラフィンの隔世遺伝であれば。この馬は結構走りそうです。

10/7/7
村山厩舎

7日はゲート練習を行いました。「引き続きゲート練習を中心に調教を行っています。先週までは扉がお尻に触れて嫌がる素振りを見せていましたが、それは徐々に慣れてきたようで、駐立はだいぶ進歩しました。あとは発馬を練習していけば、来週ぐらいに試験を受けられそうです」(村山師)

10/6/30
村山厩舎

30日はゲート練習を行いました。「ゲート練習を進めていますが、ゲート内で扉にお尻が触ると嫌がるので、あまり追い詰めないように焦らず進めています。体つきや普段の調教から、ゲートさえ受かれば仕上がりにそう時間はかからなそうなので、まずはゲート合格を目標にしっかりとやっていきます」(村山師)

10/6/23
村山厩舎

23日はゲート練習を行いました。「入厩後、特に問題なく調教をこなしています。今週からゲート練習を始めていますが、寄りや駐立に関しては不安はなさそうです。まだ出していくところまでは進めていませんが、今の精神状態ならスムーズにステップアップしていけそうです」(村山師)

10/6/18
村山厩舎

18日に栗東トレセン・村山明厩舎へ入厩しました。まずは初めての環境に慣らしてから、徐々に調教を進めていきます。

10/6/17
宇治田原

18日に栗東トレセンへ入厩する予定です。

10/6/15
宇治田原

周回コースでダク1200m、キャンター1200mの後、坂路でハッキング1本の調整を行っています。「初めて馬が過ごす場所ということを常に念頭に置いて接しています。第一に環境への適応が重要になってきますが、ここ数日の状況を見るとだいぶ慣れてきたようです。実際に体調もよく、カイバ喰いも安定しています。この分ならスムーズに負荷を高めていくことができそうです」(牧場担当者)

10/6/8
宇治田原

周回コースで軽めのキャンターを1800mと坂路でハッキング程度を行っています。「先週はマシン運動に留め、今週から乗り運動を開始していますが、目立った移動の疲れは出ていませんね。まだ軽めの運動ですが前向きな気性でスピードが豊富そうですし、楽しみな馬が入ってきてくれました。とは言えまだ2歳馬ということも考え、まずはしっかり環境に慣らしながら調教負荷を掛けていきたいと思います」(牧場担当者)

10/6/3
宇治田原

3日に宇治田原優駿ステーブルへ移動しました。トレセン入厩に向けて調整していきます。

10/6/2
山元TC

1日にNF空港を出発し、山元トレセンへ移動しました。このあとは3日に宇治田原優駿ステーブルへ移動し、トレセン入厩に向けて調整していきます。

10/5/31
NF空港

現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16秒で1本元気に駆け上がっており、週2回はハロン15秒のメニューをこなしています。また、週2回は登坂本数を2本に増やしています。「スピードがありそうで気性も前向きなので、いかにも早いうちから動けそうな馬。夏に賞金を加えられれば、その後のローテーション組みがだいぶ楽になりますからね」と管理予定の村山調教師は早期からの活躍を期待しています。なお、2日にNF空港を出発し、宇治田原優駿ステーブルへ移動する予定です。そのあとは栗東トレセン入厩に向けて調整していきます。

10/5/14
NF空港
馬体重: 430kg

この中間も順調に調教を積んでいます。先月に引き続き900m屋内坂路コースを毎日ハロン16秒で1本元気に駆け上がっており、週1回はハロン15秒のメニューをこなしています。また、週2回は登坂回数を2本に増やしています。さらに動きが良化してきており、体力もしっかりついてきました。また、走り自体も以前よりストライドの大きいフォームで走れるようになっています。今後も早期デビューに向けどんどん進めていきます。

10/4/30
NF空港

現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16秒で1本元気に駆け上がっており、週2回はハロン15秒のメニューをこなしています。また、週2回は登坂本数を2本に増やしています。ペースを上げてからの動きは抜群で、併せ馬では抑えきれないほどの手ごたえです。これに精神面での落ち着きが増してくれば鬼に金棒です。

10/4/15
NF空港
馬体重: 427kg

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16秒で1本元気に駆け上がっており、週1回はハロン15秒のメニューをこなしています。また、週2回は登坂本数を2本に増やしています。この中間から15-15を始めましたが、動きは文句ありません。父の産駒らしくテンションが高めのところはまだ若干残っていますが、時を経るごとに少しずつ落ち着いて坂路を上がれるようになっています。

10/3/31
NF空港

現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16秒で1本元気に駆け上がっています。また、週に2日は登坂本数を2本に増やしています。以前は少々高めのテンションでしたが、最近はリラックスして調教に取り組めるようになってきました。以前から調教の動きはすばらしかったので、気持ちのオン・オフの切り替えができるようになってきたことで、キャンターの質が確実に上がってきています。

10/3/15
NF空港
馬体重: 433kg

この中間も順調に調教を積んでいます。先月に引き続き、900m屋内坂路コースを毎日ハロン16~17秒で1本元気に駆け上がっています。継続した乗り込みで体力がついてきており、現在の調教メニューを楽々とこなしています。しばらくは現在のペースで様子を見て、ペースアップの時期を見極めていきます。

10/3/2
NF空港

このたび、競走馬名が「アルドワーズ」(Ardoise 「青みがかった灰色」の意)に決定いたしました。

10/2/26
NF空港

現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16~17秒で1本元気に駆け上がっています。まだ少し行きたがる素振りを見せているので、しっかりと教え込むように乗っています。脚元・体調面にまったく不安はありませんので、調教の負荷自体は徐々に強くしていきたいと考えていますが、精神面をまずは第一に進めていくつもりです。

10/2/15
NF空港
馬体重: 429kg

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16~17秒で1本元気に駆け上がっています。相変わらず抜群の手ごたえで調教をこなしていますが、馬群では頭が高く、かかり気味の傾向が出てきています。しばらくはリラックスして走らせるよう調教を工夫していきます。

10/1/29
NF空港

現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16~17秒で1本元気に駆け上がっています。真っすぐに走らない一面を見せるときがありますが、手綱越しに伝わってくる手ごたえは十分で、むしろ余裕が感じられます。これからも体調を見ながらどんどん乗り進めていきます。

10/1/15
NF空港
馬体重: 419kg

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン17~18秒で1本元気に駆け上がっています。メイン調教場を坂路コースに移しましたが、難なく対応してくれています。調教中の手ごたえは抜群で、まだまだ余力がありそうです。また、以前より力みがとれ、理想的なフォームで駆けています。

09/12/25
NF空港

現在は400m周回コースでダク半周・ハッキングキャンター3周半のメニューをこなしています。また、週2回は900m屋内坂路コースをハロン18~20秒で1本元気に駆け上がっています。脚元・体調に不安はなく、運動中も素直ですので、順調に調教を進めることができています。

09/12/11
NF空港
馬体重: 420kg

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は400m周回コースでダク半周・ハッキングキャンター3周半のメニューをこなしています。また、週2回は900m屋内坂路コースをハロン18~20秒で1本元気に駆け上がっています。少し力みがちですが、ハミをしっかり取って走っており、手ごたえは上々です。今後はもう少しリラックスして走れるように矯正していきます。

09/11/30
NF空港

現在は400m周回コースでダク半周・ハッキングキャンター3周半のメニューをこなしています。しばらくは現在のメニューでじっくり基礎体力を養っていきます。96年のジャパンCで2着に好走したファビラスラフインの血を引く本馬は本年度の募集馬唯一の芦毛馬で、魚目と呼ばれる青い瞳はなんとも魅力的です。

09/11/13
NF空港
馬体重: 422kg

環境の変化に戸惑うことなく、順調に騎乗馴致を終えています。ロンギ場での調整を経て、現在は400m周回コースでダク半周・ハッキングキャンター3周半のメニューをこなしています。ここまでの調整過程が示すように順調そのもので、キャンター時もバランスの良い走りを見せており、期待は膨らむばかりです。

09/10/29
NF空港
馬体重: 425kg

母の血を色濃く受け継いだ芦毛の馬体は、小柄ながらもギュッと実が詰まっていて、バネの利いた走りをするように成長しました。毛色は母似ですが、スピード感溢れる走りで駆ける姿は父のサクラバクシンオーの血もしっかりと受け継いでいることを証明しているようです。何ごとにも活発に動き回る姿から、仕上がりの早さを期待しています。

09/10/7
NF空港

6日にNFイヤリング空港からNF空港へ移動しました。これから本格的な騎乗訓練を開始していきます。

09/9/30
NF-Y空港

現在はまだ小柄な馬体をしていますが、馬体のバランスや骨格からも成長の余地は十分残っており、これからさらなる成長が見込めます。放牧地でもグループの先頭に立って走ることもよくあり、父の産駒らしい豊かなスピードを見せています。初期馴致の一環として、シャワーで体を洗ったり鞍付けの練習を行ったりしており、ひとつひとつ理解して順調に進められています。


Category: 未分類

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiba74.blog12.fc2.com/tb.php/197-34a3005a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)