09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

勝手気ままな長男坊の一口馬主生活

東京サラブレッドクラブでの一口馬主の愛馬を紹介。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

東サラ検討その2 

今回は、1次の自動選抜で残った以下の7頭を個別に見ていく。

1・2・3・5・9・12・15・16・20・22

まずは、

1.アドヴァーシティ09
預託厩舎:栗東・角居勝彦厩舎 育成:社台F
牝系ナンバー5 地力系
レッドバリオスの半弟。兄も新馬勝ちはしたものの、ジリっぽい脚で決め手に欠く印象。この牝系の特徴か?
同牝系からアジュディケーティング。やはり基本的にはダート牝系。
出産時の年齢10歳 3番仔

血統面では、ややパンチに欠ける印象。Tom Foolのクロスがあるものの、これっと言った主導血脈もなく、レッドバリオス価格な印象はぬぐえない。

馬体面でも前足の繋ぎがやや立っていて、いかにもダート馬な感じ。芝馬本位の僕としては、ちょっとパスっぽい。

2.プラウドビューティ09
次の書き込みで触れているので、ここでは省略。

3.タッチフォーゴールド09
預託厩舎:栗東・橋口弘次郎厩舎 育成:社台F
牝系ナンバー2 極軽系
同牝系からは、重賞馬Ambassador・Haynesfield 
出産時の年齢12歳 不受胎後の5番仔
本馬出産前の1年は、不受胎後にて空胎で過ごしており、
母体のポテンシャルを高まった所で生まれた本馬は活躍が期待できます。

 血統面では、やや面白みに欠ける配合。ナスルーラ・ネアルコ主導の配合で、方向性は悪くありません。でもどうせアグネスタキオンを使うなら、異系の血+ハイペリオン系の二アリークロスが欲しかったところです。

 馬体面では、すでに雄大な馬体をしておりながら、肩の出、トモの送りとも凄くスムーズで関節の可動範囲の大きさを感じます。意外に素軽い作りです。馬体は好みですが、血統面でパンチに欠ける所でこの価格といったところでしょうか?

5.ドメーヌ09 
預託厩舎:栗東・庄野厩舎(やや不安) 育成:社台F
牝系ナンバー2 極軽系
チリからの輸入繁殖馬。出産時の年齢8歳 3番仔

血統面では、やはりHoist of Flags5x5のクロスが強烈です。Xライン上にあるクロスなので、牝系を活性化させている点も評価できます。母系を辿っていくと、Something Royalのクロスもあり、いわゆるナスキロが
豊富に含まれています。豊富な異系の血と合わさって、血脈が活性化され、豊富なスタミナとキレでまさにオークス配合のお手本のようです。

馬体は、まだ幼い感じで、これから良くなってきそうな馬体です。トモの送りが少しぎこちないですが、馬体そのものが幼いので致し方のないところか?トモの容量は十分なので、これからの育成で化けてきそうな気配たっぷりです。庄野厩舎のエース配合だと思います。大事にしてくれそうなので、この馬に出資するのもいいかもしれません。ただ様子見できそうなので、1次はパスした方がいいかもしれません。この配合で藤原厩舎なら即決かも、厩舎で値段をおとしている感じですね。

9.メジロベツァーリ09 
預託厩舎:藤澤和雄厩舎 育成:社台F
牝系ナンバー7 地力系 バラ一族を輩出したアルゼンチン血統馬。同牝系からは、活躍馬は少ないものの確実に勝ちあがる仔を輩出。

 東サラ社員さんのブログによるとゼンノロブロイ産駒の大活躍を受けて、社内に立ち上げられた「ゼンノロブロイ産駒発掘プロジェクト」で発掘された1頭。
 出産時の母年齢10歳 7番仔。基準からは6番仔以内の基準からは外れていますが、未出走で3歳で種付けを開始したことを考えると許容範囲とする。

私見ではありますが、ゼンノロブロイ産駒は、母系のBuckpasserをいかに上手くつかうかが、血統的妙味を生みだすのではないかと考えております。その上で、ハイペリオン系(ハイインロー)の補助があれば言うことなしなのではないかと思います。血統面では、ミスプロの4X3(2x3→活躍馬:ストーミングホーム)があまり活躍馬がいない点が懸念材料。
 
 しかしながら、本馬はSpring RunXTom foolの二アリークロス・BuckpasserXDinner Partnerの二アリークロスを使ってうまくBuckpasser系を二アリークロスで持ってくるあたりが渋い配合。さらに、母系にはハイインローの形がありスタミナを補強している印象。母系を遡るにしたがって、アルゼンチン馬の名前がでてきてさっぱりわかりませんが、活躍する血統的下地は持っていると思います。

 馬体面では、お父さんソックリですね。サンテミリオンもソックリだったので、馬体的にもかなり期待できると思います。預託厩舎もお父さんが管理していた藤澤(和)厩舎ですし、陣営の期待目に浮かぶようです。脚が長く後脚の飛節までの長さが、前足のそれに比べて長く、斬れる脚をもっていそうな印象。いかにも東京2400m向きの馬体ですね。この馬は応募候補ですね。


12.マニエラ09 
預託厩舎:栗東・角居勝彦厩舎 育成:社台F
牝系ナンバー16 地力系 同牝族にマンカフェ・レッドディザイア・ブエナビスタ
祖母の兄弟にゼンノエルシド。出産時の年齢9歳 3番仔

血統面では、四代母にハイペリオン系がそそぐ、底力あふれる母系ライン。そのラインにTudor Mistorelのクロスが活力を増強。しかもこのTudor Mistorelは自信でハイインローの血を持つ血統。素軽さと日本馬場への適正を呼ぶぶHail to Reasonのクロスもあり血統的には、非常に優秀。Xライン上にHyperion・princequillo・Blue Larkspurがあり心肺機能はよさそう。

馬体面では、非常にやわらかな動きをするものの、腰高で馬体も薄くこれからどんどんよくなりそうな印象。様子見したい馬だが、角居ブランド・価格・血統を考えると1次で抽選確実。これで決まりと言った物(特に馬体面で)ないので非常に悩ましい1頭。ポテンシャルは十分にあると思う。

15.サセッティ09 
預託厩舎;栗東・藤原(英)厩舎 育成:ノーザンF
牝系ナンバー6 極軽系 半兄に新馬勝ちのレッドセインツ 
近親:ハーツクライ 出産時の年齢6歳 2番仔

血統面では、まず新種牡馬ダイワメジャーの不安。これまでのサンデー系種牡馬を見てみるとサンデーXノーザンテーストは極度の不振。母父ノーザンテーストだと良質の繁殖牝馬に恵まれないケースがほとんどだと思うが
やや不安。単純に血統だけでいってしまうとhyperionのクロスが豊富であること、Xライン上にWar Adminal・Blue Larkspurがおり心肺機能は問題なし。マイラー配合と言ったところか?

馬体面は、非常にやわらかい動きをするが、これだけやわらかいと逆にゆるすぎるんじゃないかと疑う。筋肉隆々で、完全な馬力型。距離はマイルまで、ちょっと触手はうごかない。

16.エンプラスティアラ09 
預託厩舎;栗東・松永(幹)厩舎 育成:ノーザンF
牝系ナンバー10 極軽系 祖母:ダート重賞5勝
近親:モズ(札幌2歳S2着)出産時の年齢5歳 初仔

血統面では、新種牡馬アドマイヤムーンと母父クロフネだが、クロフネ産駒には牝馬の活躍場が多く、こういう場合、母父として優秀な場合が多い。一方アドマイヤムーンは亡き大種牡馬エンドスイープの期待の後継種牡馬として失敗はできない。血統的にもエッセンスたっぷりで配合如何では、相当な大物も出そう。
 しかしながら、ノーザンダンサーの多重クロス+ミスプロ+サンデーでは、血統的に妙味に欠けますね。Nearco濃度が相当高いですね。体質注意。

 馬体はなかなかいい。Nearcoの本数が狂気地味ていて、気持ち悪い血統だが意外とスカッとした体つきをしている。トモの容量は十分だし、送りもスムーズ。この辺になると好みの問題。この馬の出来なら血統を考慮しなくても、7万は納得かな。

20.リボンアート09 
預託厩舎:美浦・藤沢(和)厩舎 育成:社台F
牝系ナンバー4 バランス系 いわずと知れたスカーレット一族。
名馬多数。出産時の年齢8歳 2番仔

血統面では、HyperionX8本&AlibhaiのXライン上でのクロス、GulfstreamXHeliopolisの二アリークロス、War AdmiralのXライン上でのクロスと血統好きなら、たまらない1頭。名牝系だけに1発あるとみました。
残念なのは、ナスキロが父内でのクロスにとどまっている点。牝馬なので遺伝学的に父親にも影響力はあるが、この点は残念。とにかく良くも悪くもハイペリオンな血統。スピードの絶対値はあるけれどもキレがなさそう。Nearco濃度も低めなのもいい感じ。

血統面の予想とは裏腹に、後ろ脚の膝が高くいかにも東京向きの切れのありそうな馬体。藤沢師のコメントにもあるように、血統的にも成長力がありそうで、育成でよい変化を見せてくれそうな1頭。

22.チケットトゥダンス09 
預託厩舎:栗東・戸田博文厩舎 育成:社台F
牝系ナンバー2 極軽系 近親にWarrior's Reward(カーターH'10)

血統的には、母方がサドラーズウェルズXリバーマンの欧州スタミナ系に対し、マイラー系のデュランダルの理想的配合。hyperionを9本、Xライン上にPrincequilloとBlue Larkspurのクロスでスタミナの心配なし。あとは、Nasllura・Son-in-lowもしっかりとクロスしている。欲を言えば牝系ライン上のAlibhaiのクロスがあれば言うことなかった。こういう配合上Northern Dancerの血量が18.75%になってしまうのはしかたない。しかもデータによると、4X3意外でこの血量を持つ馬の活躍馬はきわめて少ない。

馬体はすでに雄大で、脚長・胴長の馬体は、長距離への適正をしめしている。斬れるというよりは、長くいい脚を使うタイプに思える。肩の出、トモの送りは申し分なく、すごくいい馬体。

---------------------------------------
ここまで書くと何がなんだかわからなくなってくる。まとめると

牝馬;ドメーヌ09は決定。メジロベツァーリ09を入れるかどうか?候補のリボンアート09は父シンクリは牝馬走らないので、今回は見送り。
牡馬:プラウドビューティー09・タッチフォーゴールド09はほぼ決まり、あとマニエラ09・チケットトゥダンス09の中から1頭。の3頭体勢にしたい。抽選を考えるとタッチフォーゴールド09・マニエラ09はとりあえず応募と言う形になりそう。外れれば他の馬で。。。

今日電話で状況を確認しよう。。。 

Category: 【東サラ検討】

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 2   

コメント

No title

勝手気ままな長男坊さん、こんばんは。

セイル君の更新はドキドキしますね。
何とか回復して、チャレンジする姿が見たい所ですね。
血統的にも長い目で見てこそだと思うので。。

さて東サラ。
私はクロスとかの関係はよく分からないので、
興味深く読ませていただきました。
エンプレスに興味があるのでNearcoにビビってます(笑)
でもDVDの動きはお気に入りです。
あとタッチは何となく前脚さえ持てば、かなりやってくれるんじゃないかと期待しています。
この2頭は是非欲しいかな。。

これからの時期は楽しいですね♪

ブレッド #- | URL | 2010/08/09 00:43 [edit]

Re: No title

ブレッドさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

> セイル君の更新はドキドキしますね。
> 何とか回復して、チャレンジする姿が見たい所ですね。
> 血統的にも長い目で見てこそだと思うので。。

そうですね。
アレコレ土俵際で試しているという事は、陣営はあきらめていないという事なので
前向きに捕らえれば、勝つ能力があると感じている馬だと思うのです。
それにブレッドさんのご指摘のように、長い目で見てこその血統だとおもいますので
なんとか土俵際残ってもらいたいです。
いっそ藤田J・池添Jとかに乗ってもらって、負ければ諦めがつきます。

> さて東サラ。
> 私はクロスとかの関係はよく分からないので、
> 興味深く読ませていただきました。

僕の血統論は、自己流なので、参考程度に聞き流してください。

> エンプレスに興味があるのでNearcoにビビってます(笑)
> でもDVDの動きはお気に入りです。

血統見るとグチャグチャで、どの系統がメインなのか皆目検討がつきません。
その辺りは要勉強といったところでしょうか?
でも確実に言えるのはNearcoの近親配合は、ある意味賭けです。
すごく走るか、全く走らないかどちらかでしょう。

母系はダート血統ですが、この馬は現段階ではアドマイヤムーンの血が強いようですね。
この先の成長過程でクロフネがどう絡んでくるかが見ものです。体を見る限りは足長で芝が向いていそうな体系をしていますね。僕も血統抜きで見ればかなりバランスのいい馬だと思います。

> あとタッチは何となく前脚さえ持てば、かなりやってくれるんじゃないかと期待しています。

この馬のトモの送りのスムーズさ・可動範囲の広さには一日の長があると感じています。肩の出もいいですし、官位もあって足元も乾燥しててますから、大丈夫だと踏んでいます。ディープやら新種牡馬に話題性で隠れていますが、このタキオン産駒なかなかいいものを持っていると思います。僕もこの馬には申し込む予定でいます。

> この2頭は是非欲しいかな。。

両頭とも人気しそうですね。抽選は確定ですかね?ブログを拝見したところすでに投函された模様。
ファンタスト育成馬気になりますね。なんだか、かぶっていそうな気もしています。

僕はマンカフェ牝馬と血統的にすごく気になる(爆発力がありそうな)ファンタスト育成馬を加えて、3頭書いて投函しようと思っています。今年のファンタスト攻撃には、ペルーサの活躍があると思っています。育成専門ですし、屋根つき販路もできてるみたいなので、社台グループよりももしかしたら大事に乗ってくれるかもしれません。この馬も人気しそうですから、複雑ですね。

> これからの時期は楽しいですね♪

キャロもありますし、ワクワクの毎日がつづきます。
そして未だ優勝のない3歳馬3頭の今後にもドキドキしています。

すごく複雑な心境です。

勝手気ままな長男坊 #- | URL | 2010/08/09 21:52 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiba74.blog12.fc2.com/tb.php/200-34409057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。