09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

勝手気ままな長男坊の一口馬主生活

東京サラブレッドクラブでの一口馬主の愛馬を紹介。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

あと1頭 

補償のでるこの世代であと1頭行こうと思っています。

東サラ

○レッドサイファー(アルウェン09・牡:藤澤(和)厩舎)

オークス馬アドラーブルを祖母に持つフジキセキ産駒。4番仔。フジキセキ産駒は牝馬と牡馬のダート路線に活躍馬が多い事で有名ですが、キンシャサノキセキ・ダノンシャンティをはじめ、牡馬にもいい芝馬は多いです。
配合のポイントは、フジキセキの母系との相性です。一番多いのが4代母のMilan Millをクロスさせる配合。ダノンシャンティやドバイシーマクラシックを勝ったサンクラシークもこの配合。キンシャサノキセキは、母系の異系(ヘロド・マッチェム系)を多く含み、活性化したと思われます。
 基本的にパワー型のフジキセキを芝にむかせるためには、母系には良質なスピードの配合がよいと一般的に言われています。でレッドサイファーですが、フジキセキの母系のIn Reality(父IntentionallyX母父Rough'n Tumble
)、アルウェンの4代母のIdmonは(祖父Rough'n TumbleX母父Intentionally)と非常に似通った配合で、母系が活性化されると思われ、しかも、Mahmoudを含む包括的な血をフジキセキ・アルウェン共に内包しており、非常に面白い配合。
 まだ様子見できそうなので、様子見します。





この仔も当初はぼてっとしていましたが、稽古が進むにつれて、いい体になってきました。トモの幅・深さ十分ですし、後ろからみてほぼ真四角な所もいいです。


Category: 一口馬主

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiba74.blog12.fc2.com/tb.php/304-e9282c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。