09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

勝手気ままな長男坊の一口馬主生活

東京サラブレッドクラブでの一口馬主の愛馬を紹介。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

素粒子は光よりも早いのがなぜ問題なのか? 

最近でもないですが、「素粒子は光よりも早い」という問題が騒がれています。
「タイムマシンが可能だとか」いろいろ言われておりますが、なぜ騒がれているのかがさっぱりとピンとこないんじゃないですかね?

そもそもの話をしますと、現在の物理学というのは、大きく2つの理論で成り立っています。

1、ニュートン力学
⇒エネルギー保存の法則とか、一般的な物理現象はほとんどこの理論で説明できます。

2、量子力学
⇒ちょっとむずかしいですので、詳細は割愛しますが、パラレルワールドはこれで説明できます

その2つの異なった理論を結びつけるものとして、アインシュタインの提唱した「相対性理論」があります。
「相対性理論」発表から半世紀。さまざまな実験や物理現象を通して、その確証性を高めています。

その相対性理論の根幹となすのが

「光速は何にも依存せず、質量をもった物体は光速を超える事ができない」

という事なんです。

相対性理論が正しいとすると、平たく言ってなにが問題かというと、

「光よりも速い質量を持った物質が存在した場合、時間の逆転現象がおきる可能性がある」

という事なんです。で、「相対性理論の確からしさ」や「素粒子の速さの測定実験の再現」が問題となっているんです。


で、素粒子ってなあに?という質問は自分で調べてみてください。



Category: 雑記

Thread: 出来事

Janre: 学校・教育

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiba74.blog12.fc2.com/tb.php/364-b734009e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。