08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

勝手気ままな長男坊の一口馬主生活

東京サラブレッドクラブでの一口馬主の愛馬を紹介。

 

遠い1着 

今週も3頭だしでしたが、2着2頭の3着1頭。なんて遠い1着なんだ。。。

レッドシャンクス(牡3 父Galileo 母Ardbrea Lady)

5/12(土)東京8R 夏木立賞 芝2000m 横山典 56kg 1番人気3着

京成杯からの4か月休養明け。乗り込み十分。落ちつきあり。スタートよく道中3番手で進み、4コーナーから馬なりで先頭へ、最後は勝ち馬の決め手に屈した格好。休みあけの影響か追われて伸びず。。

横山典騎手「休み明けでしたが、馬自身は落ち着いていました。体も充実してきたし、京成杯の時よりいい雰囲気だった。ただ、レースでは外枠で前に壁を作れれず、溜めを作ることが出来なかった。ギリギリまで追い出しは我慢したけど、伸び切れなかったのはその分かな」



トゥルーマートル(牝3 父ネオユニヴァース 母スルーレート)

5/13(日) 東京2R 未勝利(牝)ダ1600m 吉田豊 54kg 3番人気2着

スタート五分。道中前目で進み、直線で外から強襲もとどかず、惜しくも2着。勝ち馬が強かった印象。メンバー次第では、次は順番かなという感じ。2着はいりません。。。

13日の東京競馬では5番手につけて勝負どころへ向かう。直線は外からジリジリと伸びてくるも2着まで。「同じ大外枠でしたが、前回はハナヘ行って最後がもうひとつになったので、必ず行くというつもりはなく、内側の馬の動向を見ながら進めようと思っていました。結果的には前が比較的飛ばして流れてくれたため折り合い面も問題なかったし、いい形で直線へ向かえました。伸びも上々でこれまでの中ではいちばんいいかなと思える競馬ができましたね。正直に言うとここ数戦はいくらか疲れを感じながらのレースだったのですが、今日は良かったですね。相手ひとつでしょうし、あと少しのところまで来ています」(吉田豊騎手)


「やられたか。相手関係も見ていて負けるならこの馬だろうとは思っていましたが、チャンスもあるだろうと思っていたんですけれどね。それに日曜日のこのレースを選んだのは馬場。湿った馬場よりはふかふかのダートコンディションのほうがより好ましいので、雨の影響がより残りにくい日曜日にしたんです。結果的には時計ひとつ違った勝ち馬に負けたわけですが、内容は良かった。まわりの動きを見ながら進めるように話をしていたのですが、直線の伸びは上々。使ってきているなかでも体は増えましたし、あと少しだな」(大久保洋師)

体のケアを入念に行いながら調整を進めて臨んだ今回でした。結果は離された2着でしたが、内容は回を追うごとに良化しているように感じますし、あと少しです。順番待ちのようなところまで来ていますし、待望の勝利を期待しています。このあともレース後のケアを行い、タイミングを見ながら次走へ向かっていきます。




レッドルイーザ(牝3 父ゼンノロブロイ 母メジロベッツァーリ)

5/13(日) 新潟5R 未勝利 芝1800m ▲横山和 51kg 1番人気2着

スタート出遅れ。道中後ろから5番目で進み、直線で一気に外から強襲もとどかず、惜しくも2着。上り3Fはダントツの1番時計。スタート五分で1着はあった。牝馬限定でヨコノリ騎手ならという印象。次走は東京で。同じく2着はいりません。。。

横山和生騎手「折り合いに気を付けてレースを進めました。手応えからも捕まえられると思ったのですが、前走時の印象よりも弾けてくれなくて、追ってから少し渋い感じでした。それでも着差が着差ですから・・・すみませんでした」




Category: 一口馬主

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiba74.blog12.fc2.com/tb.php/427-7b157da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)