07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

勝手気ままな長男坊の一口馬主生活

東京サラブレッドクラブでの一口馬主の愛馬を紹介。

 

またまた4着。 

トゥルーマートル(牝3 父ネオユニヴァース 母スルーレート)

8/26(日) 札幌2R 未勝利 ダ1700m 吉田隼 54kg 4番人気4着

ジリ脚で、なかなか勝ちきれません。相変わらずの善戦ウーマン。中山での限定未勝利戦にすべてをかけます。

 8/26 札幌競馬場

26日の札幌競馬では中団やや後方でなだめながら進める。満を持して動きだし、差を詰めようとしたが前も止まらず4着まで。「う~ん、道中はうまく行ったと思ったんですけれどねぇ。最初のコーナーの入りで外の馬に擦られた分、スイッチが入ってしまって力んでしまいましたが、なだめてすぐ落ち着かせることができました。そのときに放してしまったり、向こう正面などから早めに動いてしまうと脚が甘くなるので極力我慢をしたんです。しぶとい馬なので前2頭に並びかけることができれば負かせると思ったのですが、並びかけるひとつ前で脚色が同じになってしまいました。前半のロスがなければ違ったかもしれません。できれば小回りのうちに勝たせてあげたかったのですが、申し訳ありません。1400~1600mくらいがいいとは思いますが、1200mか1800mかと言われたら、やや長いかもしれませんがじっくり運んで1800mかなと思います。ただ、終いは脚を使ってくれるはずですし、どっちの条件でもうまく運べればチャンスはあるはずです」(吉田隼騎手)

  「具合は良かったし、うまくハマればやれるという手応えはありました。隼人も比較的いいリードをしてくれたし、早めに動いた馬で前が苦しくなってくれるだろうから“ヨシッ”と思ったんだけどな。まさかこの時計で走られるとまでは思わなかったから誤算でした。この馬自身の時計も詰めているんだけどなぁ。あとひとつ欲しい現状ではあるけれどチャンスはあと一回できた。ラストチャンスを何とかモノにしないといけませんし、次に切り替えていきます」(大久保洋師)

 札幌滞在でじっくり調整してきていい状態で臨めたのですが、1分46秒台の決着となり、あと一歩のところまでで脚色が鈍ってしまいました。最低限の最後のチャンスを得ることはできましたので、週中に札幌から美浦トレセンへ戻り、中山戦に備えていく予定です。

Category: 未分類

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiba74.blog12.fc2.com/tb.php/475-f75fec7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)