07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

勝手気ままな長男坊の一口馬主生活

東京サラブレッドクラブでの一口馬主の愛馬を紹介。

 

シュペトレーゼ 重い馬場に泣く。 

命名馬である

シュペトレーゼ(牝3 父;ディープインパクト 母;ショア- 久保田貴厩舎)

シュペトレーゼ2戦目

は、5番人気 9着でした。

レッドアモーレと対比してこちらはいかにも牝馬。キレで勝負という感じでした。やはりトモが甘い感じでした。

レースも最後方を進んで、直線勝負といういかにもトモに筋肉がついていない感じのレースでした。



1/27 久保田厩舎

 27日の中京競馬ではスタートで遅れて後方を追走。4コーナーから直線へ向かうときの手応えは悪くなかったものの展開も向かず9着。

 「初戦よりピリッとはしていると思うのですが、ゲートが開いてからの反応がゆっくりで一歩目も遅く後方からになってしまいました。前と離れたからということもあるのかもしれませんが、引っ掛かるようなこともなくお兄ちゃんのショウナンバーズより乗りやすい馬だと思います。体力がついてきたらまた違うのかもしれないですけれどね。ジワーッと外から行き、仕掛けたときの反応は悪くなかったのですが、前が楽な展開でしたから詰めることができませんでした。スタートを見てもまだ新馬のような感じですし、これからなのかもしれません。楽しみにしていたのですが、期待に応えられなくて申し訳ありません」(丸田騎手)

「体は前回より絞れて悪くなかったと思います。スタートはまだトモがしっかりしきれていないためにゆっくりになってしまうのでしょうが、やはりもう少し前につけて流れに乗れれば。勝負どころではいい脚を使ってくれましたが、それを最後まで継続するほど力が付ききっていませんし、経験と時間をかけつつ良くしていきたいですね。この後はトレセンに戻して確認してからですが、状態次第で放牧を挟んで良化を促すかもしれません」(久保田師)

 前走から在厩で調整してきました。ピリッとした部分も出てきて上積みは見られたのですが、いざスタートというときにモタついてしまい流れに乗れませんでした。勝負どころでの走りの軽さがあっていい部分を見せてくれているものの、現状ではまだまだということなのでしょうか。芯が入り切れていないのも事実ですし、成長を促しながらチャンスを掴み取れるようにしていきたいものです。



緩いのは、体が柔らかい証拠。身が入ってくれば、ここでモタモタしてるような馬体ではありません。

ですが、もう少し時間が掛かりそうですね(+_+)


今年の成績は

10戦 (2-1-0-0-0)-(1-1-2)-3

と、なりました。


Category: 未分類

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiba74.blog12.fc2.com/tb.php/577-97ea9840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)