09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

勝手気ままな長男坊の一口馬主生活

東京サラブレッドクラブでの一口馬主の愛馬を紹介。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

これぞ走る馬体!!レッドゼルク 

東京サラブレッドの誇る名牝系サセッティ一族の

レッドゼルク(牡2 父:カジノドライヴ 母:サセッティ 藤沢和厩舎)

レッドゼルク 3月末


前の繋が立ち気味以外、ほぼ理想の馬体ですね。でも動画でも首を柔らかく使っていたし、使い出しはまだ先のようですが、一夏越えてまだまだ変わってきそうですね。カジノドライヴの初年度産駒。頑張って欲しい。


2015.04.15

(ノーザンファーム空港)
4月に入って坂路調整を再開し、現在は週3回900m坂路を2本。リフレッシュ前と同様にハロン18~16秒のところを乗っています。目立った変化はありませんが、調教の合間に一週間でも楽をさせることで、馬も気持ちの切り替えができますし、新たに乗り出した時には活気に満ちた動きができますね。ここまで頓挫らしい頓挫もなくとても順調に来ていますが、まだ体には成長の余地を残していますし、始動はおそらく秋以降。当面は現行の乗り込みとリフレッシュを交互に重ねたメリハリを利かせたメニューで基礎体力の底上げを図っていければと思います。

.

2015.03.31

(ノーザンファーム空港)
この中間も週3回の坂路(900m×2本)をF18-16のペースで順調に消化してきましたが、先週末からリフレッシュの意味でトレッドミルの調整に切り替えています。乗り込むごとにメリハリのきいた馬体に変わってきていますが、それでもまだ全体的には薄手に映りますので、ここで一度緩めて再び乗り出した時に更なる充電を図っていければと考えています。馬体重は502キロです。

.

2015.03.13

(ノーザンファーム空港)
2月下旬からコースで軽めに乗ってきましたが、3月からは再び週3回900m×2本を再開しています。現在は1本目にハロン18秒、2本目に16秒といったところです。坂路入りの前の馬体重は504キロ。ここまで減らすことなく来ていますので、乗り込みながら更に充実を図っていきたいところです。動きや状態面に大きな変化はありませんが、これだけ順調に乗られているので何の問題もありません。このまま進めていきます。

.

2015.02.27

(ノーザンファーム空港)
中旬まで坂路でハロン16秒ぐらいまでのところを乗ってきましたが、以後はコース調教に切り替えてダク500m、キャンター1500mを乗っています。ハロン24~25秒程度ですから、気分転換の意味もこめてゆったり走らせています。馬体重は500キロ。実際の馬体重よりもスラリと見せるのは体型的なものもあるのでしょうが、もう少しふっくら見せてもいいと思います。心身をリラックスさせて次のステップに向けて馬体の充実を図ります。

.

2015.02.13

(ノーザンファーム空港)
引き続き週3回900m坂路を2本、ハロン20~16秒のペースで乗っています。この中間、大きな変化はありませんが、乗りながらトモもしっかりしてきましたし、見た目にも以前とは比べ物にならないくらい厚みが出てきています。乗りながら体も494キロまで増えてきましたね。性格的にも問題なく真面目に稽古に取り組んでくれていますし、今後もしっかり乗り込んで体力強化を図っていきます。

.

2015.01.30

(ノーザンファーム空港)
引き続き坂路主体に乗り込みを消化しています。週3回900mを2本、1本目20秒、2本目は16秒で乗っています。乗りながら馬体重は489キロと増えてきましたが、骨格からはもっと増えてもいいでしょうね。それでもこれまで減ることがないですし、順調に成長してくれていると思います。厳寒期の無理は禁物ですから当面は現行メニューでしっかり体作りに励みます。暖かくなってきてから徐々にピッチを上げていくことになるでしょうが、ここまでの過程を見ると今後もスムーズに進めていけるものと思います。精神的にも肉体的にも大きな課題もなく順調です。

.

2015.01.15

(ノーザンファーム空港)
週3回900m坂路を2本。1本目はF20秒、2本目F17秒。馬体重482キロ。
この中間も順調に乗り込まれていて特に気になる点はありません。足長でスラリとした体型なので細身に映りますが、来場当初に比べればだいぶ肉付きも良くなってきましたし、動きに関しても力強さが出てきています。今のメニューは昨年から続けていますし、馬自身も一杯一杯という感じではなく余裕を持って臨めているようです。ただ、まだ身体が出来っていない現状ですし、やろうと思えば速いところはいつでもいける構えですからね。今は焦らず土台をしっかりさせていきたいと思っています。お父さんはダートで実績を残した馬ですが、体型やフォームを見ても単なる力馬とは思えない軽さも備えています。



うーん、走りそう。性格面はまだ判りませんが、馬体は正に1流のそれ。ダートでも芝でも第1線で戦って欲しい。

Category: 【13】レッドゼルク

Thread: 一口馬主

Janre: ギャンブル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiba74.blog12.fc2.com/tb.php/845-83ecf30f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。